スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年4月5日時点 いわき市被災状況について【まとめ】

4月4日~5日にかけて、いわき市四倉地域を中心に支援物資の配送と、被災状況の独自取材に行って参りました。

ひとまず二日分のレポートを分けて記載しました。
大変恐縮ですが写真との連動レポートのため、mixiを利用しております。
アカウントをお持ちでない方にはお読みいただけないので,本当に申し訳ありません。
長文レポートなので、お時間ある方はお読み下さい。
順番としては、3月27日分から読んでいただければとは思います。

【2011年3月27日時点 いわき市被災状況について】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1697330766&owner_id=914565

2011年4月5日時点 いわき市被災状況について【レポート付その1】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1703499189&owner_id=914565

2011年4月5日時点 いわき市被災状況について【レポート付その2】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1703542742&owner_id=914565


以下は,ひとまずのまとめです。
レポートをお読みいただいて、そのうえで読んでいただくのが一番ですが、とりあえず時間が無い方はこちらをどうぞ。

前回はかなりの長文になり、読みにくい旨ご指定いただきましたので、レポートとは別に、結論だけ整理してまず情報発信しいたします。

1)ガソリンの供給状況
 かなり回復しています。現時点でならんで購入という事はありませんでした。
 開いていないガソリンスタンドは震災の影響で何らかの問題を施設的に抱えてるため開業してない可能性の方が高いと役所の方から説明を受けました。
 但し、今後の状況次第でどうなるかはわかりませんので、行かれる方は復路可能な程度のガソリンを持参される事はお勧めします

2)ボランティアについて
 現時点でいわき市は市内在住者にかぎって募集をしています。
 http://www.city.iwaki.fukushima.jp/10327/10354/010379.html
 おそらく宿泊困難、ガソリン供給問題を前提にしているからだと思われます。
 ただ、行政とは別に
 うつくしまNPOネットワーク:http://www.utsukushima-npo.jp/
 というNPO団体が、ボランティア含めて情報発信されてます。
 もしボランティア希望の方がいらっしゃる場合は、こちらを参考の上、お問い合わせ頂ければと思います。
 ただ、個人レベルではなく、できるだけ団体レベルで出来る事が明確になっていて、何が可能かを前提にした上でのご相談をお願いします。

 以上、純粋情報として発信できるのは現時点でここまでです。




 ここから先はあくまで弐宮個人が行って、見て、尋ねて、さらに多方面からその後収集した情報をあわせた「感想」です。
 ですので、客観情報とはほど遠い事はご了承ください。
 それでも、お読みいただける方は、あくまでそのような情報である事をご了承下さい。

1)行政に関して
 まだまだ被災者全体をカバーしきれてるという状況には無いように感じました。
 自宅にいらっしゃる高齢者へのサポートも、避難所への物資のマッチングも、避難所で話を聞く限りでは完全ではないように感じます。
 また担当者が何日かで配置担当を変わるため、継続したケアや情報収集が必ずしも完全でない様なお話も伺いました。
 常駐担当者をおいていただいて、避難されてる方の疑問や要求についてきめ細かくあたってもらえる事を期待しています。

2)四倉高校避難所(約200名避難)にかぎっての話
 レポートに記載したとおり、この2日くらいは炊出しがたえたそうです。
 温かい食べ物は本当にニーズがあります。
 炊出しのための大型コンロ他、プロパンガス等を食材とともに持参できる方はできることがたくさんあります。
 また、思い切っておいて帰っても良い、という方がいれば、現地でまちがいなく役立ちます。

 また四倉の避難所ではお風呂になかなか入れないという状況が続いています。
 もし、お風呂についてなんらかの手段をお持ちの方がいらっしゃれば、ぜひお願いしたいと思います。
 ただ、高齢者が多い事も検討余地に入れていただく必要があります。

3)被災地のボランティアニーズ
 また、これは一緒にいった もとやんさん もおっしゃられていたのですが「東北人の我慢強さ」みたいなものが裏目に出てるところがあるとのこと。
 何か必要な事はありませんか?て聞いても「ないです。大丈夫です」と答えがちだそうなので、極力こちらから積極的に働きかける必要があるのではないかと、おっしゃってました。
 難しいところだとは思いますが、ひょっとすると「分け入って行く気持ち」も必要な状況が来るかもしれません。
 現時点でもガラ運びや炊出しのニーズは間違いなくあります。
 もしお気持ちあるようでしたら、ある程度の人数や目的、何が出来るかの能力をはっきりさせて、いわきにボランティアに入られる事もありだとは思います。
 また、NPOの方がおっしゃっていた通り、医療、介護系のボランティアのニーズは継続的にあります。
 それにそれを自力で持ち込めれば、という事になりますが解体業の方は当然のようにニーズがあります。

 僕のまとめとしての感想は以上です。
 何か疑問、質問がありましたら、コメント欄に記載ください。
 返信できる内容でしたら返信させていただきます。

 また、今回含めて2回ほど被災地を訪れ、状況撮影をおこなっております。
 レポート2では、賛否の別れる撮影も行っております。
 そこへのご批判もあるとは思いますが、ご本人の許諾を得ての撮影である事はご了解いただければと思います。



 最後になりますが、今回の支援活動はツイッター上でご縁が出来た小長谷稔氏(防災専門家)と株式会社VoiceJapan所属の畠中雅紀氏への協力で行ってきました。
 お二人については27日分レポートにその立場と詳細を掲載しております。
 お二人は震災発生3日目からこれまでの活動をほぼすべて自費でまかなっており、僕自身としてはその金額の多さに憂慮しております。
 もし、今回までの活動をご理解いただき、ご賛同いただけたかたで、是非にというお気持ちがありましたらお二人向けにカンパをいただけると幸いです。

 カンパ先はこちらです。
 僕が代理で集約させていただきますので、下記口座へお振り込みください。

 ゆうちょ銀行 14440 30925571 ニノミヤケンゴ
 他行からの場合 店番448 普通 3092557 ニノミヤケンゴ

 期間は特に設定いたしません。
 集まった金額については、別の日記でご報告させていただきますので、僕のURLをブックマーク等してくださるとありがたいです。

 僕自身は自身で行ってる事ですので、このカンパの範囲には彼ら二人の資金回復がなされないかぎりは入らない事をあわせて明記させていただきます。

 また、友人ならびに友人を介して前回のレポートを読んでいただいた方からカンパをいただいた事もあわせて付記させていただきます。 
 7名の方から総計58,000円いただきました。
 伏して感謝いたします。

 以上、最後までお読みいただき本当にありがとうございました。
 僕自身は当座の自己資金がつきましたので、これ以上の具体的活動は少し中座する事になりますが、長い長い支援の手が必要なことも理解していますので、今後も継続的に活動して行ければと思っております。
 みなさんも、それぞれの場所で、それぞれできることをひとつひとつ積み上げていただければと思います。
 ありがとうございました。

 文責:弐宮 憲吾 Twitter @kengo_luceat
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした。

大変お疲れ様でした。

まだ、被災地へは普通の方々には難しそうですね。

No title

愛知のイナ様

いわき市にかぎって言えば、町の機能は復旧しつつありますので、ある程度の職能人としての技能を持ってる人であれば、何かしら貢献できる事はあります。
ただ、「普通」というのが、いわゆる職能人としての能力がない一般人を指すのであれば、難しいと言わざるを得ません。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

kengoluceat

Author:kengoluceat
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。